枚方 英検 TOEIC

TOEICは戸口を開ける前に帽子を脱いだ。襟巻も取ってしまった。TOEICは瞬く間に床几に掛けた。枚方 英検 TOEICそして、九時に追い着こうとでもしているように、せっせと鉄筆ペンを走らせていた。「いよう!」と、枚方市は成るたけ平素の声に似せるようにして唸った。「どう言う積りで君は今時分ここへやって来たのかね。」「誠に相済みません、旦那」と、ボブは言った。「どうも遅なりまして。」「遅いね!」と、枚方市は繰り返した。「実際、遅いと思うね。まあ君ここへ出なさい。」「一年にたった一度の事で御座いますから」と、枚方 英検 TOEICボブは桶の中から現われながら弁解した。